整備士の中古車販売店/ホリエカーサービス

カーエアコンフラッシング マークXG,s

こんにちは。
ホリエカーサービスのホリエです。

今回はカーエアコンメンテです、エアコンのオイル
交換をしたいとの事でご依頼頂きました。

新車の際には満タンだったコンプレッサーオイルも、
自然消滅などが理由で5年ほどで不足するといわれています。

コンプレッサーオイルは潤滑剤の役目が大きいので、
不足するとエアコンから冷たい風が送られてこない、
また、不足しているのを気づかず使い続けていると、
コンプレッサー内部で高圧の摩擦が発生し、焼きつきを起こして破損する、
ということにもなりかねません。

とても大切な大切な役割のコンプレッサーオイルを交換していきます。


外気温21℃でエアコン吹き出し口の温度は4.6℃です、
エアコンは良く効いています。


車とPS134を接続して施工スタートです、バックリターン方式
のエアコンフラッシング5回の真空引き時間15分でスタートです。


まずは現車のエアコン内にあるガスを回収します。
回収量は305gです、この車の規定量は430gですので
125g減っています。


バックリターン方式でフラッシング5回に設定します。


1回目のフラッシングから液化ガスがすんなり入っていく様子
からエキパンの詰まりなども無いと思われます。


そして1回目のオイルパージです、真ん中の黄ばんだオイルが
エアコン内にあったオイルです、左側が新油です。
オイルが劣化しているのがわかります。


2回目のフラッシングです、1回目より液化ガスが多く
入っているのがわかります。高圧側から低圧側、
低圧側から高圧側と液化したガスを入れる事で
エアコン内を洗浄します。
これを5回繰り返します。


5回目のフラッシングとオイルパージが終わり、
エアコン内のオイルが約70g抜けました。


新油を規定量注入します。
新しいオイルを入れることによって異音や故障原因を
減らすこともでき、燃費もよくなります!
良いことばかりです。


そして真空引きを15分開始致します。
真空引き後、1分間のガス漏れチエックをして問題がなければ
規程量のガスを注入します。


規程量はそれぞれのお車に決まったガス量があります、
従来のゲージを使った充填方法ではしっかりとした
充填はできません、規定量を守らないと故障の原因や
エアコンの出力不足にもなります。


注入が完了いたしました。
エアコン内のスラッジや不純物、
水分なども99%洗浄いたします!


お客様には施工したプリントをお渡し致します。


施工ステッカーを貼って作業完了です。


施工完了後の吹き出し口の温度は2.8℃まで下がりました
今回はコンプレッサーオイルの交換が目的でしたが
やはり温度も下がりました。
お客様にも大変満足して頂きました!!


エアコンの調子が悪い方はもちろん今後もメンテナンスとして
オイルフラッシングはいかがでしょうか!!
熱い夏を気持ちよく快適に過ごしましょう。

料金は地域最安値です!!
フラッシング無し施工  9800
フラッシング有り施工  15000
※ダブルエアコンや規定量が600g以上のお車は
多少金額が変わりますのでご連絡くださいね。

お問い合わせはこちらから

0480-42-5554
(受付時間 平日8:00~19:00)

LINEでお問い合わせの方は下記のクリックしてご連絡下さい。。

 

この記事を書いている人

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください